絹美人副作用

人気サプリ絹美人の飲む前に知っておきたい副作用とは?

絹美人はいろいろな栄養素がたくさん入ったサプリメントだということは

 

わかりました。→絹美人の効果のヒミツとは?

 

それでは、副作用の心配はないのでしょうか?

 

順に見ていきたいと思います。

 

絹美人に多く含まれている成分は、ビオチンでしたね。

 

ビオチンの成人の1日の摂取基準は50μg。

 

魚やレバー、卵、豆、野菜とさまざまな種類の食品に含まれています。

 

ですが、その量はわずかで、しかも水溶性で体内に蓄積されないので、

 

過剰摂取の心配はほとんどありません。

 

一方、多くの食品に含まれるため、通常の食事をしていれば、
不足することはありませんが、

 

極端な偏食により、ビオチンが不足することがあります。

 

ビオチンが欠乏すると、皮膚炎や脱毛などの症状や
憂鬱になったり、吐き気や食欲不振などもありますので、
バランスのよい食事を心がけることが大切です。

 

次に気をつけたい絹美人の成分は、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンAです。

 

ビタミンCも水溶性で、2〜3時間で排泄されるため、
過剰摂取の心配はほとんどありません。

 

ですが、ビタミンEとビタミンAは脂溶性で体内に蓄積されます。

 

とはいえ、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンAは普段の食事と絹美人の摂取では、
過剰摂取になることはありません!

 

ではビタミン類の何に気をつければいいのかというと、
摂取量です!

 

絹美人の1日の摂取量2〜3粒を守らず、過剰に摂取したり
絹美人のほかにビタミンC、ビタミンE、ビタミンAを多く含むサプリメントを服用されている方は、
注意が必要です!

 

絹美人とバランスのよい食事で、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンAも上手に摂取できると思いますので、

他のサプリメントは控えてもいいかもしれません。

 

絹美人の副作用とは?のまとめ

 

絹美人の主成分、ビオチン、ビタミンC、E、Aは
バランスのよい食事プラス絹美人1日2粒の摂取では副作用の心配はありません!

 

ただし、絹美人の1日の摂取量2〜3粒を守らず、過剰に摂取したり、
絹美人のほかにもビタミンC、ビタミンE、ビタミンAを多く含むサプリメントを服用されている方は、注意が必要です!

 

おすすめ情報